<

久しぶりの六本木

  • 2012-10-09 (火)
  • 未分類


Bronica SQ-Ai  + PS 80mm /  T-max400

先日、AKAAKA で開催されていた「世界で一冊だけの写真集」展に行った帰りに、
国立新美術館でやっている「与えられた形象―辰野登恵子/柴田敏雄」を見てきた。

柴田敏雄の写真はカッコイイ。

ほとんどの作品はB0クラスに伸ばされているが、
何枚かバイテンなど小さいサイズでも展示されていた。
あの手の写真は大きさが肝のように思っていたが、小さいサイズも凄く良かった。

柴田敏雄の学生時代の版画やシルクスクリーンの作品も展示されていたが、
シンプルさや形をモチーフにした雰囲気は、写真作品に通ずるものがあるように感じた。
こういう感覚や興味って、生まれながら与えられているユニークな才能があるんだろうな。

作家の初期の作品から現在までの作品を年代ごとに見れることってあまりないから、
この企画展は貴重だと思う。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
https://www.g-f-g.info/blog/2012/10/09/%e4%b9%85%e3%81%97%e3%81%b6%e3%82%8a%e3%81%ae%e5%85%ad%e6%9c%ac%e6%9c%a8/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
久しぶりの六本木 from GfG blog -Kazuaki Nozawa Photography

Page Top