<

松井冬子下図展に行ってきた

tega7.jpg

このところ日本画に興味を持っていた。
ある方が松井冬子という日本画家がいることを教えてくれて、
松井冬子下図展に行ってきた。

繊細な描写の奇妙で痛々しい表現が美しく見えた。

しかし、作家が一番表現したいものがあえて描かれてないような気がしてならなかった。
なんでだろう?
下図だから?

ただ自分が作家や作品のことを良くしらないだけかもしれない。
でもそんな気がした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Recently, I am interesting to Japanese style paintings.

A certain person taught me Fuyuko Matsui of Japanese style painter.
I went to Fuyuka Matui’s draft exhibition.

Her works was delicate, strange and painfully.
But it was beautiful.

But I strongly felt that the thing which the painter wanted to express most was not drawn daringly.
Why did I feel it? Because it was a draft?

I only may not know the painter and her works  well.
But I had such a mind.

Page Top