<

写真家の視点

sinjyuku_2.jpg

先日、コニカミノルタプラザで開催されていた近藤伍壱さんの写真展を見に行った。
プリントも美しくすごく良かった。
でもそれだけじゃなかった。

近藤さんの作品を見ていると写真家の視点というものが理屈じゃなくて感覚的に感じることが出来た。
ただ美しいだけでなく、ただプリントが素晴らしいだけでなく、
作家がもっている視点が伝わってくる。

いままで、最近活躍している作家の作品を見てもこの感覚がよくわからなかった。
自分の写真を見てもらうたびに「形だけを撮っている」と言われてきたがそれも分からなかった。

やっぱり沢山写真をみることも大切だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Page Top