<

Ignorance

ridgeline.jpg
RIDGE LINE , Mt.Bandai, Aizu, Japan, 2007

昨日のつづき

「お花畑」を過ぎ「弘法清水」に着いたのは、
確か17時近かった。
山頂まではあと約30分。
ここには小屋が二件があり、湧き水も出ていた。

ちょうど小屋を閉めて下山しようとしてた小屋のお父ちゃんが居た。
小屋のお父ちゃんの「今登ってきたのか~。おう、休んでいけ~」
という温かい言葉に誘われ小屋で暫く休み、
お父ちゃんとお母ちゃんと話をした。
二人の温かいもてなしが心に沁みた。

この時二人が教えてくれたんだけど、
一般的には、15時からの登山は考えられないことらしい。
日が落ちたら辺りが暗くなり下山できなくなるから。
昨日も下山できなくなった人が遭難したと聞かされた。

この時はもちろんライトは持ってない。
持ってたのは、ウエストバックと水とカメラ。
いくらなんでも下山できなくなるほど暗くなるんかい?と思ったけど、
小屋のお父ちゃんとお母ちゃんの話を素直に聞き、
山頂を目指すのを止めて下山することにした。
もっと話もしていたかったな~。

17時30分「弘法清水」から下山を始め、
「お花畑」を過ぎ、登ってきた樹林帯に入ると辺りがグッと暗くなった。
「あれ?・・・暗いじゃん・・・えー!」
歩いているうちにどんどん暗くなる。
ルートの2/3ほど来るとあたりは闇。
「俺、遭難するのかな~?」と
ココロに少し恐れもでてきた。
そんな中の中を歩き、
18時45分、なんとか無事に下山。

そんなわけで、
山の楽しさと、
怖さを知ることができたトレッキングだった。

Page Top