<

モノクロスナップ – 秋雨にも負けず #3

IMG_7886

随分前に写真を言語化することを勧められた。
人それぞれ言語化していくプロセスは違うし、写真を言語化する必要もないという方もいるかもしれない。
影響力ある人からの勧めだからかもしれないが、僕は自分の写真を言語化したい。
そもそも自分が撮っている写真を自分自身で理解できないこともあるよりは、
自分の写真を淀みなく説明したい。
でも写真を言語化することは僕にとっては難しく感じることが多い。

いくら考えても自分の写真を言葉にできないときは、
慌ただしい状況に飲み込まれて心に平安がなく落ち着いて考えられないとか、
他人の作品と自分の作品を比べて自分の作品に自身が持てなくて落ち込んでいたり、
他人の評価を気にして力み過ぎて疲れているとか、あるのかな。

先日とある写真家のお宅にお邪魔して写真談義をしてきたが、
その方は僕よりもはるかに多くの写真を撮っていて、
多くの写真から見えてくる「こと」「もの」があって、
そこからテーマを見出しているようだった。

僕が写真を言語化が難しく感じるのは、
撮影が減っていることも大きな理由の一つな気がした。

Page Top