<

「杉本博司 趣味と芸術−味占郷/今昔三部作」展

IMG_4191

千葉市美術館で開催されている「杉本博司 趣味と芸術−味占郷/今昔三部作」展に行ってきた。

どれも有名な作品でため息がでたが、
劇場シリーズの展示がとくに美しく感じた。

劇場のディテールや写真から伝わる空気感、そしてスクリーンはまっ白に飛ぶ前の淡い白で、周りに光りが滲む様子が心地よい。まるで写真の後ろにライトでも仕込んでいるのではないかと感じらた。
よく見ると天井にライトが三つ設置されていて、作品の周りテラスライトとスクリーンを強めに照らすライトが用意されていた。作品の前で手を動かすと良く分かる。
ココまで手が込むと自宅で飾る時はどうしようかと、余計な心配をした。

それにしても見事なまでに作品の綻びが見当たらなかった。
フィルムで撮影して大きく引き伸ばせば埃や傷、スポッティングの跡などありそうなものだがそれらが全くない。

作品を作り出す強い意思も感じ、多いに刺激を受けた。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Page Top