木漏れ日

IMG_2873

Facebookにボチボチ気軽に写真をあげてはいたけど、すっかりBlogの更新間隔が空いてしまいました。
Facebookだと見る人が限定されて守られている気軽さと、反応が分かりやすいので面白い。
でも、自分のメディアとして持てているこのBlogはのんびりとですが続けていきます。

ところで最近は何もやらない日を作るようにしていた。
何もやらない日は、公園に行って、木の下に座ってのんびり読書をしたり、ぼんやりあくびをしてぼーっとする。時にはできたてのパン屋で幾つかをパンを買い、コンビニでコーヒーを買い、昼ご飯も公園で済ませてしまう。気がつくと3,4時間も公園にいることもある。
これが楽しい。充実する。

以前は、こんなことはありえなかったな〜。
休みの日でも、一日中慌ただしくアレやコレやと何かしら成果を出そうとして、それなりに上手くいってもいかなくても、まだまだだと自分を追いつめて、夜になるとヘトヘトで、結局休めていなかった。

それっと、心の中に役に立たないとこの世界にいちゃイケないという恐怖の実が生っていたから。
その実が生った木の根っこは、自分に価値がない、誰かから責められるような感覚が心の深くまで伸びていた。

この木の種がなぜ蒔かれたのか、その時に何を感じたのか、理解できるように成るには随分時間がかかったが、木陰に座ってのんびり過ごす事が楽しめるようになったのは、嬉しいことだ。

Comments:4

Mayu 15-11-02 (月) 23:32

私も久しぶりにブログを読みに来ました。自由な時間、羨ましいです。木や植物の生命力ってすごいんですよね。うちは、数年前からベランダで樹木栽培を始めました。種から。始めは食べた甘夏の種を、ほんの遊び心で鉢植えの土に埋めたのがきっかけ。その後いろいろ手を出し、失敗し、愛情を持って育て、虫や病気と根くらべして…今はリンゴ3、ブドウ1、甘夏2、ドングリ7…そして芽を出していない種多数。母、呆れていますが 健気な生命力に癒されます。写真の木はケヤキでしょうか?うちの田舎の家のケヤキは昔々、村の集落のシンボルツリーだったそうです。父の代に、電力会社のわがままで枝を切られ、枯れてしまいました。でも、タクシー会社にはまだ「ケヤキの家の先生の家」で通じるし、その合言葉がなければタクシーが呼べない家だから 存在って凄いなぁと思います。価値って、私にもよくわからないけれど、その時は無意味に思えても後から付いてくるもののような気がします。

admin 15-11-03 (火) 12:09

僕はフレープフルーツをのんびり育ててますよ。

写真の木は何の木か分かりません。

Mayu 15-11-03 (火) 14:11

実がなるまでにどのくらいかかるんでしょうね。
私は実がならなくても花が咲いてくれればいいかな。

admin 15-11-07 (土) 8:17

うちのグレフルにも花が咲き実がなるのを首をなが〜くして待っています。

Comment Form
Remember personal info

Page Top