10月, 2014

Rolleiの1秒で手賀沼

rollei_3

レリーズを忘れたので、Rolleiできれる一番長い1秒でシャッターを切った。

水面のゆるい感じが気に入った。

Rolleiflex 使い始めました。

rolleidlex_1
Rolleiflex 75mm F3.5 + Across 100

頂いたRolleiを持ってプラプラ散歩。
とりあえず手賀沼へ行ってきた。

Rolleiの操作性が
使い慣れたBronicaと比べて随分と悪い。

フィルムの装填がし難くい。
シャッタースピードのクリックが無い。
シャッターが深すぎてシャッターが切れるタイミングが掴みにくい。
ファインダーの周辺が結構暗い。

レンズシャッターの音も貧弱で、フィルム数本を撮って、
これでちゃんと写っているのだろうか?と不安になった。
そして、多くの人は、なんでこんな使い憎いカメラを使っているのだろう疑問を持った。

だが、現像したフィルムをスキャンして驚いた。
なんだかBronicaより描写が繊細で抜けがいい。
気のせいではないと思う。
Bronicaの写りはもっと線が太くコントラストが高い。

このRolleiはかなり好きな描写をする。
こんな写りをするカメラならあえて使いたくもなる。
Rolleiを使っている人たちの気持ちが少し分かった。

Page Top