7月, 2014

ナガオカさんの木製フィールドカメラ

ナガオカさんの木製フィールドカメラ。

以前蛇腹に穴が空いていたので、蛇腹を交換している。
その際にナガオカさんが「このカメラは20年くらい前に作ったやつで、出来が良いんだ。金属のプレートやギヤの一つ一つを職人がヤスリで削って作ったんだよ。今はもう職人が居ないから同じものは作れないね」と教えてくれた。

7月21日で40歳になった

40年を振り返ると、イエスとの出会いで僕の人生は大きく変わった。

悪天候で予定していた山行は中止

この連休は山行を予定していた。
予定では山小屋に一泊して山を思いっきり楽しむつもりだったが、
この悪天候でやむなく中止にした。

予定がぽっかり空いてしまって、何をしようかとぼんやり考えたが、
ジムに行き、久しぶりに長清丸でランチをしてのんびり過ごした。
トマトとほうれん草がが入ったビアンコは美味しかった。

家に戻り、結局PCの電源をいれる。
ふと目に入ったカーテン越しの雨に濡れた窓がとても美しく感じた。

父のタンスから出て来た Polaroid 600 Land Camera

父の洋服タンスからから出て来たポラロイド。
タンスを整理してたら、タンスの奥に見慣れないカラフルな箱があるのに気がついた。
タンスの中に頭を入れ、よく見たらこのポラロイドだった。

父はほとんど使ったことがないきがするし、あったことすらあまり僕は憶えていなかった。
たぶん、思ったよりフィルムが高くて使わなかったんじゃないかと思う。

初めて買ったカメラ Canon AE1P とFD50mm F1.4

学生の頃に初めて買ったカメラ Canon AE1P とFD50mm F1.4。
このカメラがあればなんでも撮れるはずだと良い勘違いをしてた。

当時はカメラのことは詳しくなく、
カメラ屋の親父に進められるままボディとレンズで中古で3万円くらいで買ったように思う。
しばらく使うと「キシュン」とシャッターが鳴き始め、
この「キシュン」と鳴るのが当たり前だと思っていた。
残念ながら今はシャッターをチャージすることもできない。

叔父のkonica II

昨日の自宅警備中に、写真を撮りたかったが、ふらふら出かける体力もなかったので、自宅で気晴らしにポチポチ撮影していた中からぽちぽち投稿していこうと思う。

優しかった叔父が残してくれたコニカII。
このところシャッターの調子が悪くほとんど使っていない。飴色になったケースも良い感じだ。

叔父は子供頃、誕生日にデパートでおもちゃを買ってくれたり、よく一緒に遊んでくれた。
僕が大きくなってからもその優しはかわらなかった。

自宅警備

風邪を引いてしまい、昨日今日は咳と鼻水と共に自宅警備にあったていた。
昨日は咳も酷く、昼寝をしながら一日を過ごした。
今日になって少し咳は治まってきたが、身体がだるかったので礼拝に行くのはやめた。

ふらりと姉ファミリーがやってきた。甥っ子は僕が風邪をひいているのを確認すると、つまらなそうに大人しく胡麻煎餅をかじっていた。

万里 写真展 「窓」

僕が金曜の夕方に新宿にいることは珍しいが、
人の多さは金曜だろうが昼だろうが夜だろうがいつでも変わらない。

エプサイトに万里 写真展 「窓」を観に行ってきた。
会場の雰囲気作り、プリントのサイズ、ライトの当て方などなど、
しっかり考え構築された展示という印象を受けた。

http://www.epson.jp/katsuyou/photo/taiken/epsite/event/gallery2/14/#13

Page Top