<

石川圭花写真展「乾いた魚」

marui.jpg

昨日は銀座ニコンサロンで開催されている
石川さんの写真展「乾いた魚」のレセプションに参加してきた。
ダークなトーンで表現されているモノクロ作品群がカッコイイ。
銀塩プリントの暗部のゆるい描写が好きな僕にとっては見ごたえがあった。
石川さんに話を聞くと撮影時には最終的なアウトプットの黒いトーンを
意識して撮影していないとのことだった。

会場で久しぶりに会う方たちと近況報告。
見知った顔を見つけては、最近自分の納得いく写真がとれないと愚痴をこぼす。
話を聞いてくれた人たちは一様に励ましてくれて、
帰りの電車の中で心がほんわかした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

I went to reception of Keika Ishikawa’s photo exhibition at Nikon salon Ginza yesterday.

Her works which represent a dark tone is cool.
I like dusky loose detail of silver salt print.
These were really worth seeing.
I heard about her works from Ishikawa-san.
She said “I do not take care a dark tone of finish works when taking a photo.”

I report on the recent situation with the people met after a long time.
I complained to 2B members.
Recently I cannot take the photograph that I consent.
They cheered up me.
My mind became warm and comfortable.

Page Top