<

飯塚達央写真展「白い夜」に行ってきた

snap.jpg

昨日はアップフィールドギャラリーで行われている飯塚達央写真展「白い夜」に行ってきた。
静かな雪の夜に、ほのかに人の気配を感じる、北海道の冬の夜を堪能してきた。

軒先に雪が降り積もった家の台所と思わしき部屋の窓から光が漏れて、窓辺に置いてある鍋や洗剤のシルエットが写っている作品に心が留まった。
この一枚からやけに人の生活を感じた。

飯塚さんとNYから日本に拠点を移したCM写真家の方が食事に行くというので、ご一緒させてもらった。

そこでの話題の中心は海外の写真事情。
先日は井本礼子さんからも海外の情報を伺うことができたが、
やはり海外にも出たいと思った。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Yesterday,I went to Tatsuo Iizuka solo exhibition “White Night” at UPfield-gallery.
I thoroughly enjoyed night of the winter of Hokkaido that felt a signs of life faintly at night of quiet snow.
The mind stayed in the work where the silhouette of the pan and the detergent that leaked from the window of a kitchen in the house where the snow lay thick in the front of the house and a satisfactory room light, and existed near the window was reflected.
I awfully felt the person’s life from this one.

Mr. Iizuka and CM photographer who had moved the base from NY to Japan went out for dinner, I was allowed in proportion to.

The center of the topic there is overseas photograph circumstances.
The other day I heard overseas photograph from Reiko Imoto of photographer.
I thought I want to go overseas as well.

Page Top